Search this site
Kamakura Yoga Society
湘南のヨガ教室 鎌倉ヨーガソサエティ
<< 明日の解剖学ワークショップ | TOP | JUN schedule/ 6月 >>
18 MAY 笠原稔也 感じるヨガ解剖学WS
笠原先生のヨガ解剖学、太陽礼拝編のワークショップを行いました 


私が解剖学王子と呼んでいる笠原先生です
昨年までもう少し、王子様っぽかったんですが、、
年末インドに行かれてから、髭もたくわえてインドの王子っぽくなって来たような:)

現役理学療法士の治療の経験から、太陽礼拝を分析していくと、こういう感じになるのね〜!
という感じでした、私は


脊椎の運動範囲の説明を聞いています


そして自分の体で感じてみる


 

アーサナのプラクティスもそうですが、筋肉や骨レベルの意識も一朝一夕ではなかなか完結しないものだと思います
ヨーガ・スートラの言葉で言えばアヴィヤーサ(修習)みたいなものかと感じます
アヴィヤーサとは、一日や二日ではなく、長い期間、持続的に、真剣に行うことです
解剖学などを通して体を知ることは地道な努力かなと思っています
膨大な世界ですが、少しずつでも紐解いて行きたいです
腸腰筋、腸腰筋〜〜!


今日、明日からのヨガの練習に活かせそうですか??
ご参加いただいた皆様も私まで、感想などを気軽にいただけたら嬉しいです
今後勉強したいテーマなどもぜひ教えてください

笠原先生は自分で言わないですが、、最新の理学療法的知識と経験をお持ちです
本屋さんで買える本に書かれていることとか、TVの情報番組の内容とはまた違って、最新のアップデート、フィードバックを笠原先生流で教えてくれるので、非常に興味深いですし
私のようなヨガの講師が勉強してきた知識とは全くレベルの違う情報を持っています
ワークショップ中にドキドキするようなことも〜〜
ここ数年、ヨガ解剖学のワークショップなどもさかんに行われており、私もたくさんの解剖学のトレーニングに参加してきましたが、笠原先生みたいな方は多くはないと思います

笠原先生もおっしゃっていたように、ヨガアーサナがきついものではなく、体が楽になったらいいですね
アーサナの中に安らぎみたいなものが感じられたらいいですね!

ヨガには流派がたくさんあるし、体位法の考え方も様々、完全なものや絶対なものもないかもしれません
その中で現実的な視点から体の知識、感覚を増やし、ご自分のヨガが洗練されて行ったら良いですね!!!
そしてヨガといいうものは、解剖学だけで済ますことが不可能な膨大な哲学ですから、見聞を広げて一緒に探検、実験 、経験をしましょう!


ご参加くださった皆様、笠原先生、どうもありがとうございました

p.s.
私のfacebookにも写真を載せました
笠原先生も居ますよ〜
アルバムにタグ付けたい方、ご自由に付けちゃってくださいね〜



posted by KMK | 23:47 | Event Reports /イベント | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://kamakurayoga.jugem.jp/trackback/1266
トラックバック